バイアグラの効果や知識を分かりやすく説明

バイアグラが処方されないケース

バイアグラが処方されないケース

バイアグラの処方には医師もある程度は慎重に結論を出します。興味本位の場合など、医師が敵どうでないと判断した場合は処方されることはありません。

 

処方できるのは勃起障害と診断された20歳以上の男性で、心臓などの禁忌症状がないことが条件です。

 

また、重篤な肝臓病の方、低血圧の方(とくに最大血圧が90oHg未満、
または最小血圧が50oHg未満の方)高血圧の方(最大血圧が170oHg、
または最小血圧が100oHg以上の人)、
脳血管に病気のある方、
これまでに心筋梗塞を起こしたことがある方、
網膜色素変性症と診断された方などには、副作用のリスクが大きくなりますので、バイアグラは処方されません。

 

他にも、陰茎硬化症など異常形状のペニスを持つ男性の場合、勃起すると痛みを伴う可能性が高いので、処方はできません。

 

その場合はバイアグラを服用する前に、まず治療することが先決です。

 

以上の症状をお持ちの方には残念ながら、バイアグラを処方することができませんので、ED治療にはほかの方法を試す必要があります。もちろんバイアグラ以外にもたくさんの勃起不全の治療法はありますので、心配しないでください。