バイアグラの効果や知識を分かりやすく説明

バイアグラは偶然見つかった

バイアグラ

バイアグラは勃起不全の治療を目的に開発された薬ではありません。偶然に勃起不全に効果がることが確認された薬なのです。

 

バイアグラの開発は1992年、イギリスにあるファイザー製薬研究所で始まりました。

 

この研究所で、クエン酸シルデナフィルという化学物質が、狭心症に効果があるかどうか、臨床事件が行われていました。狭心症は、心臓に栄養を送っている冠状動脈が動脈硬化などによって狭くなり、充分に血液が流れなくなって起こる病気です。

 

胸通を伴い、重症の場合には命を落とす怖い病気なのです。

 

クエン酸シルデナフィルは、心臓の血液量を増加させることが期待されていたため、狭心症の治療薬として、臨床実験が行われていたのです。

 

しかし、クエン酸シルデナフィルには、期待していたような効果は期待できませんでした。

 

ところが、この際、緊要な事件が起こりました。臨床試験を受けた男性のうち、この薬を手放そうとしなかった人が少なくなかったのです。

 

効果のない薬を、患者がほしがるなど前代未聞のことの名でした。

 

しかし、なぜ、そんなことがあるのか、ファイザー社の社員はすぐに納得しました。

 

この薬を飲むと、ペニスの勃起が促進されることを、患者が感じたからだったのです。

 

つまりクエン酸シルデナフィルは、心臓に流れ込む血液を増やす効果はあまりなかったが、ペニスに流れ込む血液をかなり増やすことができたのです。