バイアグラの効果や知識を分かりやすく説明

バイアグラの成分

バイアグラ

バイアグラの主成分は、クエン酸シルデナフィルで、これは、白色の結晶性の粉末です。クエン酸とシルデナフィルが結合したものです。クエン酸はミカンやオレンジなどの柑橘類に多く含まれている酸です。

 

初めてレモン果汁から分離されたのは1784年のことで、1880年には人工的に合成されました。

 

現在では、ショ糖やでんぷんなどをカビによって発行させる方法と、石油から得られるパラフィンを原料として、細菌などに作らせる方法で製造されています。

 

食品添加物に指定されており、果汁やゼリー、ジャム、キャンディ、清涼飲料水など多くの食品に使用されています。

 

シルデナフィルはN窒素、S硫黄などとペンゼン核などが複雑に結合しています。

 

一般に化学物質は、硫黄を含んでいると毒性を持つことが多く、シルデナフィルもその点では、毒性があると考えられています。

 

その毒性が、ペニスの勃起を引き起こすともいえます。簡単にいうと、ペニスの勃起を終わらせる酵素の働きをシルデナフィルが妨害するのです。

 

これは酵素にとっては毒性物質です。医薬品は一般的に毒性を持つものが少なくありません。しかし、量をコントロールして使って、毒性を一定の効果に変えているのです。したがって、使い方や使う量を誤ると、障害が表れることがあり、最悪の場合死亡事故が起こる場合があります。